ジャンベ教室 初心者向け!「アフリカンたいこ教室」

トップページジャンベ教室>生徒さんの声2006

2006年09月19日 (火)

生徒さんの声2006

ご感想↓

4月からのジャンベレッスンはいよいよあと1回ですね。6ヶ月間どうでしたか?1~6月、7~12月のジャンベクラスの皆さんもどんな感じですか。
自由に感想など良かったら下に書いてくださいね。
ありがとうございます。
関連記事

このページの先頭へ↑

ジャンベ教室一覧へ←

ジャンベ教室  | ご感想(5)

ご感想

偶然?運命?

たまたま・・・が重なって今ジャンベを楽しんでる自分がここにいて。 ジャンベとも花さんとも出会うようになっていたのか これまた偶然か???
よくわからないけど とにかく出会いたくても出会えない事も多々あるわけで・・・だから人とも物とももちろん楽器とも出会いってすごい!と思う今日この頃です。話はそれますが先日素敵な靴とも偶然出会い、ご機嫌~~
ジャンベも残すところあと1回 寂しいような・・・でもこれで終わるわけではないぞと!
あっという間の6ヶ月だったかな。4ヶ月目ぐらいでマイジャンベを購入してからが とくに楽しかった~
叩いてる時は無心・・・といきたいところだけど まだまだ邪心が!! 他のことをかんがえたり、他の音をきいたりしてると 手が迷子になってしまう~
でも時々何も考えずにたたいて・・・そんな時は花さんにバレバレみたいで「い~ね~」と。
見透かされてる??

kari  2006年09月20日 21:41

広がりました。

今日、いつもコーラスを担当しているLiveでジャンベ・デビューしてしまいました!
メンバーも喜んでくれたのですが、
ベースさんに「ジャンベの低音と自分の音が重なったとき、凄い気持ちよかった!」と言われて凄く嬉しかったです!
習っていて思うのは、今までの自分がいてこうして楽しめているんだなぁと。
そう思わせてくれるレッスンと楽器です。
きっかけはちょっとした事だったけど、こんなに入れ込むと思わなかったなぁ(笑)
音楽に対する視野が広がったのが楽しい!
多分ずっと叩いていきます。
4月からのレッスンはあと1回ですが、宜しくお願い致します!

oizo  2006年09月21日 02:00

あーたのしかった

本日 最終回
リズムにのって、とか最初に比べて良い感じになってきたよ、とか 客観的なことはよくわからないけど(ここまできてまだわかんないのかい!!って感じですが・・) あー楽しかったっ
皆さん 皆さん ありがとう

何がどう楽しかった??
ジャンベをたたくこと。皆で音を合わせること。
あんまりよくわからない。うまく伝えられない。
(こういう書き込みには向いてないかも)
とにかく うんうん。
明日もまた たたきた~~~い!!

kari  2006年09月26日 21:21

アフリカンたいこ教室に心から感謝!!

6ヶ月あっという間に終わって、これから寂しい気がします。それだけ花さんや一緒に叩いた皆さんと会うこと そしてジャンべを叩きに行くことが本当に楽しかったからだと思います。この6ヶ月で僕にはかなり得るものがありました!!
花さんすごい!! 
ジャンべたのし~!!
人とので会いすばらしい!!
もうジャンべは手放せません!!
花さん一緒にに叩いた皆さん本当に有難うございました。

poo  2006年09月29日 22:16

幸せ~♪

7月より半年間、温かく、丁寧に教えて頂きありがとうございました。ジャンベを始めて、更に色々やりたいことができました。そしてここでの出会いに大感謝です!
素敵な音と人と美味しいお酒!に出会えて、私はとても幸せです。これからもよろしくお願いします♪

makiko  2006年12月23日 00:02


講師プロフィール

hana0958(150x302).jpg
"Drums & Percussion 花" 花岡英一
ドラム&パーカッション

神奈川県横浜市出身。幼少の頃より、鍋のふたを叩いたり、近所の家から鳴り響くドラムの音に腰を躍らせていたらしい。

高校1年の冬、ニューヨークバークリー音楽院帰りの海老沢一博氏と出会い、6年間師事。
その後、中西俊博氏(Violin,Composer,Arranger)、菅野よう子氏(Composer,Arranger,Producer,Piano)のアシスタントを経験。毎日のように、一流ミュージシャンのレコーディングやライブ三昧という環境の中研鑽を積む。

やがて、ドラマーとして、おおたか静流、NHK「おかあさんといっしょ」のうたのおねえさんをはじめ様々なアーティストとの演奏を重ねるが、キリンジの公演にトラ(代役)で出演させていただいた際に、自分の苦手な部分に直面する。

一方、中央アフリカ旧ザイール音楽のグループに日本でドラマーとして4年間参加し、アフリカ人パーカッションの音とノリを吸収していく。自然の木と皮で出来た太鼓の音のここち良さに惹かれ独学。現在パーカッショニストとしても様々なアーティストのライヴやレコーディングに参加している。

パーカショニストとしての経験を重ねながら、常にドラムの研鑽を積み続け、苦手部分を克服し再びドラマーとして復帰。

2000年より東京都内の和田楽器店にてジャンベ教室「アフリカンたいこ教室」主宰。
著書にジャンベ教則本『西アフリカの太鼓を楽しむ ジャンベの叩き方』

タップとパーカッションによるパフォーマンス「Djembe&Tap スキップッポイ」、ここちよい民族楽器演奏グループ「天鼓(てんくう)」なども展開。躍動感溢れるリズム、打弦楽器から奏でられるやさしいメロディなどで構成されるソロコンサートも好評を博している。

2012年11月まで東京渋谷のアップリンクで公開の映画「いのり」のエンディングテーマに編曲・演奏で参加。

同映画監督、白鳥哲氏の映画主題曲集CD「mandala」に、アレンジ、演奏で参加。

同CDのうた・ピアノ 星野ゆか とのコンサート、レコーディングも多数。

ボーカルや楽曲の良さを引き立てるパーカッション演奏、ここち良いグルーヴ感を叩きだすドラミングに定評がある。

リンク

メニュー

ジャンベ教則本

スタッフブログ

サイト内検索