ジャンベ教室 初心者向け!「アフリカンたいこ教室」

トップページジャンベ教室>生徒さんの声2005

2005年12月13日 (火)

生徒さんの声2005

ご感想↓

2005年のジャンベ教室で生徒さんからの声を聞きました。
回答をいただいたものをご紹介いたします。

神奈川県川崎市 Mさん 2005子育てママ向け
アフリカンダンスに興味があってジャンベを知りました。子連れOK(歓迎?)だったから、ジャンベ教室「アフリカンたいこ教室」に来ました。良かったのは、花さんが根気強く、親切丁寧に教えてくれること。花さんの他の楽器との演奏も興味があります。空気が美味しいところで合宿して、皆で朝から晩まで叩きまくる、というのも面白そうな気がします。娘が踊り、家族でセッションするというのが親父(僕)の密かな夢です。。昔から音楽の苦手な僕がここまで楽しくレッスンできたのは何よりも花さんの丁寧なご指導と、”とにかく気持ち良く楽しもう!”というノリ(それがアフリカン?)のレッスンのおかげです。今はアフリカンたいこ教室に出会えたことにとても感謝しています!

東京都稲城市 Sさん 2005子育てママ向け
ジャンベの ジャ の字も知りませんでした。が、楽しそう! と 直感しました。我が子が通う幼稚園においてあるチラシを見たのがきっかけです。問い合わせの電話でお話した時の感じも良かったので。習い始めてみて、いわゆる「お教室」とか「お勉強」ではなく、サークル的で「とにかく 楽しく!」という空気なので気持ちよく参加できます。あたらしいお友達も出来ますし。忙しい毎日のなかの良い気分転換です。誉め上手な花さんとレッスンの時間を過ごすのが楽しくて、ほんとうにいつも次のレッスンが待ち遠しく思っています!もう少しで6ヶ月が経ち終わってしまうのがとても寂しいです!(; ;)延長コースとかないですか?

神奈川県横浜市 Tさん 2005Cコース
公園でジャンベの音に触れ、心地よいなァと感じたのがきっかけ。一から基本をしっかり教えて頂けると思ったので、ジャンベ教室「アフリカンたいこ教室」にした。単発ワークショップなどでは上級者についてゆけないと思った。ここの教室は少人数制なので、個人指導が受けられるのでいい。ある程度たたけるようになったら、他のクラスの人たち皆とセッションなんてどうでしょ?

東京都渋谷区 Nさん 2005Cコース
ジャンベの大きく響く音が好き♪少人数制で細かなところまで教えて貰えると思ったからジャンベ教室「アフリカンたいこ教室」に来ました。他でも習っていたのですが、ここに来てジャンベを丁寧に叩く様になってきた(^^;)

東京都調布市 Sさん 2005Cコース
コンサートでジャンベを見てやりたいと思った。ジャンベを買う時の選び方、注意点などもレッスンで取り上げてほしいです。

東京都渋谷区 Kさん 2005Bコース
以前アフリカンdanceを習っていて、音楽的にも興味があったからジャンベをやろうと思った。ジャンベ教室「アフリカンたいこ教室」にして良かったのは丁寧に教えてくれて、すごく楽しいこと!花さんのキャラにやられたっ(^O^)v 教室も時には屋外に出かけて叩きたい。一時間はアッという間。楽しすぎです!これからもLevel up目指して頑張りたい☆

神奈川県横浜市 Tさん 2005Bコース
どこでも持っていけれて、みんなで音楽ができる楽器がやりたかった。みんなが同じレベルからスタートできるという他にはないシステムがとてもやりやすく、花さんがとーっても丁寧に教えてくれるところが好きです。今、充分楽しいですが、強いて言えば絶対的に無理なのはわっかっていますが、1時間じゃたりませ~ん!時間がたつのが早すぎです!!最初は何でもそうだと思いますが、不安と基礎で頭ガチガチでしたが、ある程度叩ける様になってからはほんっとに!楽しい!特にアンサンブル!!継続は力なりですね。これからも ’楽しく’を大前提にジャンベ、及びリズムの深さを体で体験させて頂きます。

千葉県市川市 Iさん 2005Bコース
カウンセリングの勉強をしていて、ジャンベという民族楽器がそれに活かせればと思いました。ジャンベスクールはいろいろ探してみたのですが、レッスンの日程や教室の雰囲気などに加えて、花さんのかもし出す雰囲気も「ここでやろう!」っていう気持にしてくれました。見学のとき、花さんも受講生も何よりもまず「楽しむ!」コトを第1にしてジャンベを演奏していたこと。今では僕が「楽しんで」います。一人一人の個性を大切にしてくれています。それぞれに上達の進度は違うわけですが、そのペースに合わせて花さんは指導してくれています。そして、一人一人が出す「音色」も大切にしてくれています。毎回あんまりにも面白いので、レッスンの時間を2時間にしてください!

神奈川県横浜市 Oさん 2005Bコース
民族楽器っぽい、手でたたくものをやりたいと考えていました。行きつけのオーガニック系スーパーマーケットの掲示板でお知らせを見つけたのがきっかけで、その控えめなポスターに惹かれてしまいました。ジャンベという楽器の名前は知らず、手でたたくんだろうということだけは想像がつきました。習いに行っているのではありますが、「習うより慣れよ」式でやらせて貰えるのが特に良かったです。それから、クラスが少人数で、生徒どうしお互いのキャラクターを感じながら、いい雰囲気の中でレッスンができること、先生と生徒の距離が近いこと、レッスンのペースが重荷にならない程度でちょうどよいこと、などなど通いやすい点も良いです。やってみると、一時間のレッスンはあっという間で、調子が出てきた(?)ときにはもう終わり、というのが毎回のレッスンで感じることです。やり過ぎない程度でやめておくのが続く秘けつなのかもしれませんが・・・というわけで、たまーに補習みたいな感じで、希望者だけでも二時間くらいたたく機会があるといいなーと思っています。皆でたいこをたたくってこんなに楽しいんだー!ということが発見できました。他の楽器も入ったらまた楽しそうなので、それもやってみたいけど、皆でたたいているだけで、合奏したらこんな風になるかなー??などと想像して楽しんでいます。

神奈川県横浜市 Mさん 2005Bコース
何か楽器を習いたいと思い、太鼓なら気軽にはじめられそうだと思った。アフリカの太鼓という教室がめずらしくて興味が湧いた。見学に来てみるとレッスンの感じがよかったので決めた。やってみたら、ゆるいかんじで楽しく習えるところがいい!昼の部と夜の部?みたいに時間や曜日がいろいろあるとうれしいかも。

東京都狛江市 Kさん 2005Aコース
まず基本を教えてくれるところがいい。花さんが誠実な感じがして、また民族楽器をプレイする人に漂っているうさん臭さがないところが気に入った。前やった事を忘れてもOKで、とにかくジャンベを叩くのが楽しいと感じさせてくれるジャンベ教室なのが好き。頭で考えるよりも、体に任せた方が楽しいし、楽になれる事を知りました。

神奈川県横浜市 Kさん 2004Dコース
ジャンベをたたきたいと思ったのは大地を感じたかったから。ジャンベ教室「アフリカンたいこ教室」が良いのはフレンドリーなところ。修了したけど、上級クラスに休みが合えばまた行きたいです!土日にやってほしい

東京都武蔵野市 Uさん 2004Cコース
井の頭公園でジャンベの音を聞いて習いたいと思っていたら、民族楽器&雑貨屋さんでジャンベ教室「アフリカンたいこ教室」のフライヤーを見つけてこれしかない!と。習うというより、みんなで楽しむというかんじのジャンベ教室なのがよかった。
関連記事

このページの先頭へ↑

ジャンベ教室一覧へ←

ジャンベ教室  | ご感想(2)

ご感想

祝!サイトリニューアル

サイトリニューアル おめでとうございます!
ジャンベの心地よさ、教室の楽しさ、そして
花さんの魅力が存分に伝わってきます♪
これからも、たくさんの仲間と一緒にバンバン
楽しんでいきたいですね!

マカヨ  2006年09月19日 09:03

転機です~笑

クラブ大好きな遊び人でしたがイベントでタップダンスのSUJIさん(座頭市)と出会いジャンベをさわるようになりコレは師匠が必要だとhanaさんの教室の門を叩きました 笑
じっくりと基本をわかりやすく教えていただき毎回、時間がすごく短く感じました

街角や公園、クラブやイベント&チャリティーで先生の教え子に会える日を楽しみにしてます

MOTO♡MEINL  2006年09月27日 23:34


講師プロフィール

hana0958(150x302).jpg
"Drums & Percussion 花" 花岡英一
ドラム&パーカッション

神奈川県横浜市出身。幼少の頃より、鍋のふたを叩いたり、近所の家から鳴り響くドラムの音に腰を躍らせていたらしい。

高校1年の冬、ニューヨークバークリー音楽院帰りの海老沢一博氏と出会い、6年間師事。
その後、中西俊博氏(Violin,Composer,Arranger)、菅野よう子氏(Composer,Arranger,Producer,Piano)のアシスタントを経験。毎日のように、一流ミュージシャンのレコーディングやライブ三昧という環境の中研鑽を積む。

やがて、ドラマーとして、おおたか静流、NHK「おかあさんといっしょ」のうたのおねえさんをはじめ様々なアーティストとの演奏を重ねるが、キリンジの公演にトラ(代役)で出演させていただいた際に、自分の苦手な部分に直面する。

一方、中央アフリカ旧ザイール音楽のグループに日本でドラマーとして4年間参加し、アフリカ人パーカッションの音とノリを吸収していく。自然の木と皮で出来た太鼓の音のここち良さに惹かれ独学。現在パーカッショニストとしても様々なアーティストのライヴやレコーディングに参加している。

パーカショニストとしての経験を重ねながら、常にドラムの研鑽を積み続け、苦手部分を克服し再びドラマーとして復帰。

2000年より東京都内の和田楽器店にてジャンベ教室「アフリカンたいこ教室」主宰。
著書にジャンベ教則本『西アフリカの太鼓を楽しむ ジャンベの叩き方』

タップとパーカッションによるパフォーマンス「Djembe&Tap スキップッポイ」、ここちよい民族楽器演奏グループ「天鼓(てんくう)」なども展開。躍動感溢れるリズム、打弦楽器から奏でられるやさしいメロディなどで構成されるソロコンサートも好評を博している。

2012年11月まで東京渋谷のアップリンクで公開の映画「いのり」のエンディングテーマに編曲・演奏で参加。

同映画監督、白鳥哲氏の映画主題曲集CD「mandala」に、アレンジ、演奏で参加。

同CDのうた・ピアノ 星野ゆか とのコンサート、レコーディングも多数。

ボーカルや楽曲の良さを引き立てるパーカッション演奏、ここち良いグルーヴ感を叩きだすドラミングに定評がある。

リンク

メニュー

ジャンベ教則本

スタッフブログ

サイト内検索